【極秘公開!】ライザップイングリッシュの結果にコミットする学習法

MENU

【極秘公開!】ライザップイングリッシュの結果にコミットする学習法

結果にコミットするために一体どんなトレーニング(学習)を進めていくのか?一番知りたいのはそこですよね。ネットで調べてみても具体的な情報は殆どなく謎に包まれています。

 

今回、ライザップイングリッシュを本気で受講する私が、受講開始直前だからこそ聞けたその学習内容について、公開できるギリギリのところまでまとめたいと思います。

 

まずは気軽に無料カウンセリング

3つのコースには【受講最低ボーダーライン】があった!

ライザップイングリッシュには大きく分けて3種類のコースがあります。

 

  • ベーシックコース
  • TOEICスコアアップコース
  • 英会話コース

 

基本的には自分の伸ばしたいスキルに合わせてトレーナーと相談の上コースを選びます。

 

が!しかし!それぞれのコースには受講最低レベルボーダーラインがあるのです!つまり、各コースが指定するレベルに達していなければ受講できないというわけです。

 

 

受講最低ボーダーライン目安

コース名

受講条件

ベーシック

TOEICコースとのセット

TOEICスコアアップ

TOEICスコア400点以上

英会話

TOEICスコア700点以上

 

例えば・・・
TOEICコースを受けたいけどまだTOEICスコアが350しかない・・・という場合には、ベーシックコースから始めなければなりません。(もしくは自力で400点レベルまで勉強してから受講)

 

但し、あくまでもボーダーラインのTOEICスコアは「目安」なので、例えば680点だから英会話コースを絶対に受けられないというわけではないようです。そこは、スコアバランス(単語が弱い?文法が弱い?ヒアリングが弱い?)によって受講を許可される場合もあるそうなので、トレーナーさんに相談してみると良いと思います。

 

なぜ最低ボーダーラインを設けているのか?

例えば「英会話コース」の場合、TOEIC700点以上が条件となります。
英会話コースではかなりハードな課題が課せられますが、TOEICスコア700レベルの語彙力や日常英会話のインプットがなければ、そもそも課題に手を付けられないという事態に陥ります。つまり、せっかく受講しても課題にとりかかる際に大量の単語調べばかりに時間を費やすことになり、課題の核心部分に触れられないまま受講期間が終わってしまうということになりかねないのです。そんな非効率的な学習プログラムにならないためにも、各コースに最低ボーダーラインとしてTOEICスコアの目安が示されているというわけなのです。

 

 

【極秘公開!】ライザップイングリッシュの学習法

HPなどでは一切公開されていない情報を、無料カウンセリングで特別に聞くことが出来ました。受講者以外にはマル秘のノウハウが多いライザップイングリッシュですが、以下の情報で概要は掴めると思います。

 

【3つのコース】

  1. ベーシックコース
  2. TOEICスコアアップコース
  3. 英会話コース

 

ベーシックコース
レベル 中学3年間の単語・文法の復習
期間 1ヵ月間
内容 TOEICコースに進むための基礎作り

 

 

TOEICスコアアップコース
レベル TOEIC400点以上~満点を目指す人
期間 2~6ヵ月間
教材

メイン教材
+副教材(個人のレベルと目標に応じて指示有り)

 

コンセプト

  • スコアを上げることに特化したプログラム
  • 短期間で成果を上げる為の効率的な学習法を徹底的に実施
  • 2時間のテスト時間に耐えうる体力と集中力を鍛える
  • 結果的に1人でも学習できる正しい勉強法を習得することが目標

 

学習の流れ

初期

正しい学習法が出来ているかチェック・修正

前期

インプットに専念 ~弱点補強~

後期

アウトプット(実践)で本番に慣れる

※インプットとアウトプットを同時進行で行うと非効率的なので必ずフェーズを分ける

 

TOEIC受験は必須?

  • 可能な限りコース受講前後に公式TOEICテストを受けることが望ましいが必須ではない(タイミングや都合で難しい場合もある為)
  • コース受講のBefore・Afterのスコアを比較することが目的ではなく、必要なタイミングでの公式TOEIC試験で目標スコアを出すことが目的。
  • ライザップイングリッシュ本社(新宿西口)にて定期的にIPテストが実施される

 ~IPテストのメリット~
  ☆公式TOEIC試験より料金が安い
  ☆結果が早く出る
 ~IPテストのデメリット~
  ★公式試験ではない

 

ライザップイングリッシュではトレーナーが生徒に「ティーチング」ではなく「コーチング」するといわれます。つまり、その場限りの学習法を教えるだけでなく一生使える「学習法」を教えてくれるので、TOEICだけでなくTOEFL、IELTS、英検など他の英語試験にも応用できる一生モノのノウハウを知ることが出来きます。

 

 

英会話コース
レベル TOEIC700点以上~
期間 3カ月間
教材 オリジナル教材(ビジネス設定)

 

どのように効果を測る?

  • 動画で経過を残す(受講前後だけでなく途中も何度でも)
  • 出来るだけ具体的な目標をトレーナーと設定する

 

内容と担当講師

 

リアルレッスン

オンラインレッスン

合計回数

18回

6回

60回

講師

日本人

外国人

外国人

1回当の時間

30分テスト+60分セッション

 30分

※リアルセッションは全24回のうち4の倍数回が外国人講師
※リアルセッション2回目以降は、60分のレッスン前に30分のテスト有(前回のシュクダイ内容より出題)
※リアルセッションがない日は毎日オンラインレッスン有

 

他の英会話教室と違う点は?

週1~2回レッスンを受けて他の日は生徒任せ・・・という英会話スクールが多い中、ライザップイングリッシュでは日本にいながら3カ月間の海外追体験を目指すプログラムになっています。具体的には、受講期間中リアルセッション又はオンラインレッスンが毎日必ずあり、英語を話さない日はありません。

 

日本人講師とのリアルセッションで徹底的にインプットし、外国人講師とのセッションではアウトプットに徹するというカリキュラムで、短期間で効率よく英会話力を身に付けていきます。

 

 

まずは気軽に無料カウンセリング

 

ライザップイングリッシュ池袋店の知っておきたい事

【極秘公開!】ライザップイングリッシュの結果にコミットする学習法
HPではまだ殆ど情報のないライザップイングリッシュのマル秘勉強法について、受講直前の私がギリギリのことろまで教えちゃいます。

>>【極秘公開!】ライザップイングリッシュの結果にコミットする学習法

【画像付】ライザップイングリッシュ池袋まで駅からの順路
公式HPのスクールアクセスには「池袋駅東口徒歩3分」と書いてありましたが、地下鉄から42番出口を出ればそこから徒歩1分程で着きました!駅からの順路を写真を豊富に交えながら分かりやすく説明しています。

>>【画像付】ライザップイングリッシュ池袋まで駅からの順路